経験における中で、ベスト最初の「救援」は何ですか?

以前、女が夕食のセッティングの途中で、誤ってすり鉢を割ってしまいました。
本当はこういうすり鉢、自分にとっては懐かしい産物だったのです。

小さい頃、殊に好みだった食べ物の副食の一つが「ホウレンソウのゴマ和え」でした。
住まいでは「ゴマよごし」と言っていましたね。
こういう食事が出ること、決まって自分がすり鉢でゴマをすりすりしていました。
これが自分にとって特別古くさい「一助」の出来事だ。当時3年だったと思います。
最初はゴマだけ入れてすりすりして、ゴマがすり鉢の中で広がってきたら、
コンコン響を立てながら更に中央に集めて、もう一回すりすりを通して、
粉状になってきたら、薬味を入れて、すり鉢の中でゴマって薬味を混ぜて…
という作業が今でも出来事に残っています。
大きくなって、自分で夕食を作り上げる機会があったこと、
出来事をもとに作ってみたら、マニュアルは何ら迷わなかったのに、
白ゴマがなく、黒ゴマによるせいで、思っていたのと違う味覚になって、
「やばいなー」と思いながらみずから一部始終食べたなんて手帳もあります。

物心ついた位からうちにあったものが消え失せるのは、わずか侘しいものです。
あ、女を責めているわけではないですよ(汗)。
すり鉢の相方、すりこぎ棒は健在なので、今後も長寿やるものです。恋愛したい人におすすめサイト

Comments are closed.